堀米ゆず子 J.S.バッハ/ブラームス プロジェクト at Hakuju Vol.3

堀米ゆず子が最高の仲間と奏でるバッハとブラームスの真髄

2014年10月28日(火)

19:00開演(18:30開場)

全席指定6,000円(税込)

バッハは背骨のよう。ブラームスは心のひだ。感情表現の基本。
この2人の作曲家は過去30年間の演奏生活において、私の音楽作りの核となっています。

―堀米ゆず子

世界的に活躍する名ヴァイオリニスト、堀米ゆず子。ブリュッセル王立音楽院教授を務め、指導者としても高い評価を得る堀米が、アーティストとしての原点に立ち戻り、自身発案の一大プロジェクトを開始しました。堀米の音楽作りの原点ともいえるバッハとブラームスのソロ・室内楽作品を、最高の共演者とともに奏でる贅沢なプログラム。理想的な室内楽空間を創りだすHakuju Hallでお楽しみください。

プロジェクト第3弾を迎える今回も、演奏会の進行とともに演奏者の数が絞られていくスタイル。五重奏、三重奏、そして無伴奏へと、まるでカメラのズームをアップしていくように、堀米ゆず子のヴァイオリンに焦点をあてていきます。
前半はブラームス最晩年の名曲、クラリネット五重奏曲。名手チャールズ・ナイディックを迎えて、親密なメンバーだからこそ表現できる、決して沈鬱ではない、憂愁の境地を描きます。その他の共演者は、山口裕之佐々木亮ユリウス・ベルガーと、いずれも堀米の盟友揃いです。
後半はバッハの世界。ピアノ学習者には御馴染みの「インベンションとシンフォニア」を弦楽三重奏で。聴きなれているはずの曲にも、各声部を異なる楽器が担当することにより、必ず新たな発見があることでしょう。最後は無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番。堀米の円熟した音楽をご堪能ください。

※本プロジェクトは全6回シリーズの予定です。

[出演]

堀米ゆず子(ヴァイオリン) Yuzuko Horigome, violin
チャールズ・ナイディック(クラリネット) Charles Neidich, clarinet
山口裕之(ヴァイオリン) Hiroyuki Yamaguchi, violin
佐々木亮(ヴィオラ) Ryo Sasaki, viola
ユリウス・ベルガー(チェロ) Julius Berger, violoncello

[プログラム]

ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 op.115
J.S.バッハ:インベンションとシンフォニア(弦楽三重奏)
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 ロ短調 BWV.1002

[プロフィール]

堀米ゆず子(ヴァイオリン) Yuzuko Horigome, violin

1980年エリーザベト王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾って以来、ベルリン・フィル、ロンドン響、シカゴ響、アバド、小澤征爾、ラトルなど世界一流のオーケストラ、指揮者との共演を重ねる。アルゲリッチ、クレーメル、マイスキー、メネセス、ルイ・サダ、エル=バシャなど共演者も多彩で、室内楽にも熱心に取り組んでいる。マールボロ音楽祭、ロッケンハウス音楽祭、ルガーノ・アルゲリッチ音楽祭、など音楽祭への参加も多い。日本国内でも、オーケストラとの共演、リサイタル、室内楽など活発に行っており、2013年秋から3年間6回のシリーズ「J.S.バッハ/ブラームスプロジェクト」を東京と西宮で開催、大好評を得ている。CD録音も活発で、’14年3月には、チェコ・フィルとプラハで収録したブラームス:ヴァイオリン協奏曲/ヴァイオリンとチェロとの二重協奏曲がリリースされた。その他、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集、ラロ:ヴァイオリン協奏曲集なども評価が高い。’10年12月にはBS-TBSのドキュメンタリー番組「未来へのおくりもの」でその幅広い活動が紹介され話題を呼んだ。ヴァイオリンを久保田良作氏、江藤俊哉氏に師事。現在、ブリュッセル王立音楽院教授。使用楽器は、ヨゼフ・グァルネリ・デル・ジェス(1741年製)。


(C)T.Okura

チャールズ・ナイディック(クラリネット) Charles Neidich, clarinet

幼少の頃より母親にピアノを、父親にクラリネットを習う。イェール大学で文化人類学を学んだ後、旧ソヴィエト連邦への初のフルブライト奨学生としてモスクワ国立音楽院に留学。1982年ミュンヘン国際コンクールで最高位を獲得。’85年にはアメリカで最も権威のあるナウムバーグ・コンクールで優勝し、ソリストとしての地位を確立。セントルイス響、ミネアポリス響、オルフェウス室内管、ロイヤル・フィル、ライプツィヒMDR響、読売日響等と共演。また室内楽でも、ジュリアード、ガルネリ、メンデルスゾーン等の一流の弦楽四重奏団と共演。マルボロ音楽祭、サラソタ音楽祭、BBCプロムス等、世界各国の音楽祭にも定期的に招かれる。ピリオド楽器の卓越した演奏者としても知られる一方、現代音楽の熱心な演奏者で新作初演も多い。ドイツ・グラモフォン、ソニー・ヴィヴァルテ等、多数のレーベルからCDをリリース。最近では指揮者としても意欲的に活動を行う。現在、ジュリアード音楽院教授。


(C)Kevin Hatt

山口裕之(ヴァイオリン) Hiroyuki Yamaguchi, violin

桐朋学園女子高等学校(共学)音楽科を経て、1976年桐朋学園大学音楽学部を卒業。在学中の’75年6月、東京フィルハーモニー交響楽団に入団。翌年、コンサートマスターに就任し、’79年まで在籍する。’79年5月、NHK交響楽団に入団、第2ヴァイオリン首席奏者を務める。’84年6月よりコンサートマスターに就任、2013年10月まで務める。1983年ゼフィルス弦楽四重奏団を結成。’88年から’91年までカザルスホールのレジデンスクァルテットとして活躍した。’69年、全日本学生音楽コンクール高等学校の部全国第1位。’75年第44回日本音楽コンクール第2位。’77年民音コンクール室内楽部門で1位なしの2位に入賞。現在、室内楽奏者として活躍すると共に桐朋学園大学、東京音楽大学にて後進の指導も行っている。


(C)竹原伸治

佐々木亮(ヴィオラ) Ryo Sasaki, viola

東京芸術大学付属高等学校を経て東京芸術大学卒業。1991年、現音室内楽コンクール第1位、「朝日現音賞」受賞。’92年、東京国際室内楽コンクール(民音)第2位、「ルフトハンザ賞」受賞。芸大在学中、安宅賞受賞、芸大オーケストラと共演。同校卒業後、ニューヨーク、ジュリアード音楽院に奨学生として入学。アスペン音楽祭、マルボロ音楽祭に参加。卒業後、ソロ、室内楽奏者として全米各地にて活動。これまでに内田光子、ヒラリー・ハーン、ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ、リン・ハレル等と共演し、好評を博す。これまでに掛谷洋三、澤和樹、故田中千香士、故ドロシー・ディレイ、川崎雅夫の各氏に師事。室内楽を兎束俊之、F.ガリミア、J.ラタイナ-の各氏に師事。CDはEMI/Angelよりチャイコフスキー弦楽六重奏、ブラームス弦楽6重奏をリリース。2004年5月NHK交響楽団入団、’08年1月より首席奏者。アポロ弦楽四重奏団、東京クライス・アンサンブル、室内オーケストラ「アルクス」、岡山潔弦楽四重奏団メンバー。また、桐朋学園大学、洗足学園大学、東京芸術大学付属音楽高校などで後進の指導にもあたっている。

ユリウス・ベルガー(チェロ) Julius Berger, violoncello

1954年にアウクスブルクに生まれる。ミュンヘン音楽大学でウォルター・ライヒャルト、フリッツ・キスカルトに師事。その後ザルツブルク・モーツァルテウムでアントニオ・ヤニグロのもとで研鑽を積む。さらに、ザラ・ネルソヴァに学び、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチのマスタークラスに参加した。ベルガーは28歳でヴェルツブルク音楽大学の教授に任命され、ドイツの最少年教授となった。ヴェルツブルクを皮切りに、ザールブリュッケン、マインツ、そして2000年からはアウクスブルクと、次々と教鞭をとり、新たな才能の発掘と育成に力を注いでいる。ベルガーは、現代作品への熱心な取り組みでもよく知られている。ジョン・ケージ、細川俊夫、ソフィア・グバイドゥーリナの作品を収めた優れたCDは、世界中で話題となった。コンサート活動を通じて、レナード・バーンスタイン、オイゲン・ヨッフム、ギドン・クレーメル、ピエール=ロラン・エマール、オリヴィエ・メシアン、ソフィア・グバイドゥーリナ、ヴォルフガング・リーム等のアーティストと音楽で結びつき、友情を育んできた。現在「エッケルスハウゼン音楽の日」と、イタリアの「アジアーゴ音楽祭」の芸術監督を務めている。また、世界各地のコンクールの審査員に招かれている。ユリウス・ベルガーは世界最古のチェロのひとつであるアンドレア・アマティの1566年製「シャルル9世王」を使用している。

主催:Hakuju Hall / 株式会社白寿生科学研究所
企画制作:株式会社ヒラサ・オフィス

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

DM会員先行発売 5月10日(土)~
一般発売 5月17日(土)~