第115回 スーパー・リクライニング・コンサート
石川滋 コントラバス・リサイタル

日本が誇るコントラバスの星、参上!

2016年5月13日(金)

①15:00開演(14:30開場) ②19:30開演(19:00開場) ※休憩なし約1時間

各回全席指定リクライニング 2,000円(税込)

1988年渡米後、フロリダ・フィル、スイス・ベルン交響楽団など欧米のオーケストラで首席を務め、25年にわたる海外での活躍を経て帰国、2013年に読売日本交響楽団初のソロ・コントラバス奏者に就任した“コントラバスの至宝”、石川滋
ソロ楽器としてのコントラバスの魅力を伝える奏者としても評価の高い石川が、その深く豊かな音色をHakuju Hallに響かせます。
フォーレ「夢のあとに」、マスネ「タイスの瞑想曲」、サン=サーンス「白鳥」などの美しく流れるような旋律の名曲が、卓越したテクニックと高い音楽性によって奏でられます。ふくよかな音色で、深い感動とリラクゼーションをご体験いただけることでしょう。

[出演]

石川滋(コントラバス)
鈴木慎崇(ピアノ)

[プログラム]

フォーレ:夢のあとに op.7-1
マスネ:タイスの瞑想曲
サン=サーンス:白鳥
ロータ:コントラバスと管弦楽のためのディヴェルティメント
バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV.1007より プレリュード(コントラバスソロ)

[プロフィール]

石川滋(コントラバス) Shigeru Ishikawa, contrabass

読売日本交響楽団ソロ・コントラバス奏者。東京生まれ。3歳より祖母(鈴木メソード指導者)にピアノを師事。高校在学中より本格的に音楽に目覚め、クラシック及びジャズに傾倒。慶応義塾大学経済学部卒業。大学在学中よりジャズ研で活動を行うと同時に桐朋学園ディプロマ・コースに在籍し、堤俊作にコントラバスを師事。1988年渡米、エール大学音楽学部にてゲイリー・カーに師事し、ジュリアード音楽院にてユージン・レヴィンソン、ハーヴィ・シャピロ及びジョナサン・フェルドマンに師事、92年同修士課程卒業。93年~96年ニューワールド交響楽団(音楽監督マイケル・ティルソン・トーマス)の首席奏者、89年~97年毎夏イースタン・フィルハーモニック副首席奏者、97年フロリダ・フィルハーモニック・オーケストラ入団、2001年フロリダ・フィルハーモニック・オーケストラ首席、06年スイスのベルン交響楽団ソロ首席コントラバス奏者、13年より読売日本交響楽団ソロ・コントラバス奏者。94年フランス・アヴィニヨンでの国際コントラバスコンクール入賞、91年ニューヨークにて日米協会音楽賞を受賞。09年ベルン交響楽団とボッテシーニ作曲「パッシオーネ・アモローサ」をソリストとして共演。02年アーサー・ワイスバーグ指揮リン・フィルハーモニックとのクーセヴィツキーの協奏曲、04年ルネッサンス室内オーケストラとボッテシーニのタランテラを協演。室内楽での共演も数多く、これまでに林峰男、原田幸一郎、岩崎洸、岩崎淑、若尾圭介、ベルリン弦楽四重奏団、イヴリー・ギトリス、ボロメオ・カルテット、ボストン響のメンバーらと共演。92年からサイトウ・キネン・フェスティバルに参加。リサイタルがNHK-BS「クラシック倶楽部」にて収録されるほか、NHK-FM、J-WAVEに出演。後進の指導にも力を入れており、これまでイースタン音楽祭講師、ボストン音楽院講師、ハリッド音楽院(現リン大学)助教授、フロリダ・アトランティック大学講師等で教鞭をとる他、96年より1年半にわたり月刊『ストリング』(レッスンの友社)に「コントラバスの世界」という誌上レッスンを連載、斬新な技法を紹介し大きな反響を得る。石川滋コントラバス・サマーキャンプの主催や、日本各地にマスタークラス講師として招かれ、多くの若手演奏家の指導を行う。ソロ・リサイタルではコントラバスの作品のみにとらわれず、ヴァイオリンやチェロなど他の楽器のために書かれた曲にも取り組み、ソロ楽器としての可能性を拡げている。特にバッハの無伴奏チェロ組曲の演奏を自身のライフワークとし、多くの若手演奏家にも影響を与えている。11年初のCD「バッハの無伴奏チェロ組曲第1、2、3番」をリリースし好評を博すなど、コントラバスのソロ楽器としての可能性を追求している。

鈴木慎崇(ピアノ) Yoshitaka Suzuki, piano

札幌市出身。4歳よりピアノ、ソルフェージュを学ぶ。東京芸術大学音楽学部卒業。在学中、学内においてアリアドネ・ムジカ賞受賞。三角祥子、北島公彦、角野裕の各氏に師事。幼少よりさまざまなコンクールで入賞する。第51回全日本学生音楽コンクール、第71回日本音楽コンクールにて、それぞれ第1位。新日本フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団など、さまざまなオーケストラと共演。また、リサイタル、FM、CDなどで数多くの演奏家と共演。国内外の音楽祭、コンクールにおいて公式伴奏者を務めるなど、伴奏、室内楽にも活動の場をひろげている。最近では、オーケストラの演奏会に鍵盤楽器奏者として度々出演している。東京芸術大学、武蔵野音楽大学非常勤講師を務めたのち、現在、洗足学園音楽大学非常勤講師として、後進の指導にあたっている。


(C)岩切等

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
11月14日(土)~11月20日(金)
【一般発売】
11月21日(土)~