Hakujuの歌曲 #1
春に歌う ~ホルンと共に

望月哲也 テノール

2021年5月8日(土)

15:00開演(14:15開場)

全席指定5,000円(税込)

豊麗な美声で注目の男声ユニット “IL DEVU”(イル・デーヴ)のメンバーとしても活躍、また2017年から19年にわたり著名なギタリストとの共演で「シューベルト三大歌曲」シリーズを披露、好評を博した最高のリリックテナー望月哲也がHakuju Hallに再登場!陽のきらめき、木々の芽吹き、川のせせらぎ…生命力あふれる “春” を歌います。共演には “IL DEVU” メンバーのピアニスト河原忠之を迎え、星野富弘の詩による歌曲集「花に寄せて」を演奏、心洗われるような作品はピアノとのハーモニーも聴きどころの一つです。またゲストに東京フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者の髙橋臣宜を迎え、陰影豊かな音色で独特な不安定さと翳りを増幅、より深い奥行きをたたえた世界へと誘う、ブリテンの「セレナード op.31」をお届けいたします。テノールとホルンが織りなす清澄なる響きにご期待ください。

[出演]

望月哲也(テノール)
河原忠之(ピアノ)
髙橋臣宜(ホルン)

[プログラム]

シューベルト : 流れの上で D.943
Schubert : Auf dem Strom D.943

新実徳英(詞 : 星野富弘) : 歌曲集「花に寄せて」より
Tokuhide Niimi (words by Tomihiro Hoshino) : ‘Hana ni Yosete’

第1曲 “たんぽぽ”
No.1 “Tanpopo”

第2曲 “ねこじゃらし”
No.2 “Nekojarashi”

第4曲 “つばき・やぶかんぞう・あさがお”
No.4 “Tsubaki.yabukanzo.asagao”

第7曲 “ばら・きく・なずな -母に捧ぐ-”
No.7 “Bara.kiku.nazuna -Haha ni Sasagu-”

ブリテン : ミケランジェロの7つのソネット op.22
Britten : 7 Sonnets of Michelangelo op.22

シューベルト : 春の信仰 D.686
Schubert : Frühlingsglaube D.686

シューベルト : 春に D.882
Schubert : Im Frühling D.882

ヴォルフ : 「メーリケ詩集」より 第6曲 “春だ”
Wolf : No.6 “Er ist's” from ‘Gedichte von Eduard Mörike’

シューマン : 「ロマンスとバラード 第1集」 op.45 より 第2曲 “春の旅路”
Schumann : No.2 “Frühlingsfahrt” from ‘Romanzen und Balladen Book1’ op.45

シューマン : 「リーダークライス」 op.39 より 第12曲 “春の夜”
Schumann : No.12 “Frühlingsnacht” from ‘Liderkreis’ op.39

ブリテン : セレナード op.31
Britten : Serenade op.31

[プロフィール]

望月哲也(テノール) Tetsuya Mochizuki, tenor

東京藝術大学卒業。卒業時に安宅賞、松田トシ賞を受賞。同大学院修士課程オペラ科修了。二期会オペラスタジオ第43期マスタークラス修了。修了時に最優秀賞、川崎静子賞を受賞。文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。ウィーン国立音楽大学研究課程リート・オラトリオ科にて研鑽を積む。第70回日本音楽コンクール第2位、第35回日伊声楽コンコルソ第3位、第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位等、多数のコンクールに入賞。二期会/ハンブルグ州立歌劇場共同制作『皇帝ティトの慈悲』タイトルロールで高い評価を得た他、新国立劇場『魔笛』タミーノ、同『タンホイザー』ヴァルター、同『夜叉ケ池』(世界初演)晃、びわ湖ホール・神奈川県民ホール『ラ・ボエーム』ロドルフォ、びわ湖ホール『ワルキューレ』ジークムント等、全国のプロダクションで主要な役を演じている。コンサートに於いては、「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」のエヴァンゲリストをはじめ、ヘンデル「メサイア」、モーツァルトやヴェルディの「レクイエム」、メンデルスゾーン「エリア」「パウロ」等、レパートリーは40作品以上に亘り、サヴァリッシュ、アシュケナージ、C.ミョンフン、小澤征爾等の著名指揮者と共演。さらに新たな試みとしてスタートしたHakuju Hall主催による全曲ギター伴奏版《望月哲也 シューベルト三大歌曲シリーズ》は、2017年「冬の旅」から始まり、「水車小屋の娘」「白鳥の歌」といずれも成功を収めた。CDは「Il mio tesoro」「Amarilli」「ひそやかな誘い~R.シュトラウス歌曲集」(マイスター・ミュージック)をリリース。また、豊麗な美声で注目の男声ユニット “IL DEVU”(イル・デーヴ)のメンバーとしても活躍しており、全国各地でコンサートに出演。日本コロムビアよりCD「DEBUT」と「NUKUMORI」をリリースしている。国立音楽大学及び大学院准教授。二期会会員。


(C)FUKAYA_Yoshinobu auraY2

河原忠之(ピアノ) Tadayuki Kawahara, piano

日本を代表する歌手やソリストが共演者に挙って指名する人気ピアニストで、その幅広い音色、繊細な音楽表現には定評がある。国内外の第一線で活躍中の「太メン」男声オペラ歌手4人とのユニット、IL DEVU (イル・デーヴ)のピアノ・メンバー。2019年NHKニューイヤーオペラコンサートにIL DEVUとして出演。国立音楽大学卒業、同大学院修了。1991年からイタリアでアルド・プロッティ氏のオペラ伴奏ピアニストを務め数々の演奏会に出演、マリア・カルボーネ女史のもとでは伝統的なイタリア・オペラの表現やディクション等を取得。ひとりの作曲家の歌曲の広く豊かな音の世界を声で染め上げる「歌霊」シリーズ、水戸芸術館での「水戸 de Opera」シリーズなど自らのプロデュース企画で多彩なステージを展開する一方、指揮者としても2006年に江原啓之「スピリチュアル・ヴォイス・カウントダウン」でデビュー以降、フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」、プッチーニ「ラ・ボエーム」 「ジャンニ・スキッキ」、ドニゼッティ「愛の妙薬」、モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」 「魔笛」、ヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」 「リゴレット」、ペルゴレージ「オリンピーアデ」、グルック「オルフェオとエウリディーチェ」が三菱UFJ信託音楽賞奨励賞、モーツァルト「フィガロの結婚」が大阪文化祭賞優秀賞、モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」が佐川吉男音楽賞を受賞したいずみホール・オペラなど、サイトウキネンフェスティバル等でのコレペティトゥール経験を生かした緻密な指揮で心に残る上演を牽引している。国立音楽大学及び大学院教授、新国立劇場オペラ研修所シニアコレペティトゥア。オペラ・カンパニーGruppo Kappa Opera主宰。


(C)三浦興一

髙橋臣宜(ホルン) Takanori Takahashi, horn

山形県出身。県立山形北高校音楽科卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。学内にてアカンサス音楽賞受賞。読売新人演奏会に出演。PMFに参加。アントニオ・パッパーノ、シャルル・デュトワ指揮、別府アルゲリッチ音楽祭、宮崎国際音楽祭、チョン・ミョンフン指揮、アジア・フィルハーモニック等、数々の音楽祭に出演する。山形県にて「山形の演奏会シリーズ」にて山形交響楽団と二度にわたり協奏曲を共演。これまでにホルンを岡本和也、守山光三、笠松長久、松﨑裕の各氏に師事する。(公財)群馬交響楽団第一ホルン奏者を経て、現在、(公財)東京フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者。


(C)上野隆文

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

11:00~17:00
火~金(祝日・休館日を除く)

日・月・祝日 休み
DM先行発売初日と一般発売初日の土曜日(11:00~17:00)は営業いたします。

【第3期 DM会員先行発売】
2021年2月6日(土)~2月12日(金)
【第3期 一般発売】
2021年2月13日(土)~

【ご購入時の留意点】
新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、公演中止、延期および発売日が延期となる場合がございます。また、感染症防止の観点から、座席配置や販売席数等、状況に応じた対応をとっております。そのため、座席指定のご希望に沿えない場合や公演当日に座席のご移動をお願いする場合もございます。予めご了承いただいた上でのご購入をお願いいたします。最新情報はHakuju Hall ホームページにてご確認ください。

【ご来場のお客様へ】
ご来場に際しましては、Hakuju Hall 感染症予防の取り組み (Hakuju モデル) をご一読いただきますよう、お願いいたします。

Hakujuモデル

メッセージ

またハクジュホールでリサイタルを開催出来ることを、本当に幸せに思います。
今回はホルンと共に、音楽を奏でたいと思います。ホルンには東京フィルハーモニー交響楽団の首席奏者である髙橋臣宜さんをお招きし、シューベルトとブリテンの作品を。ピアノは河原忠之さんにお願いし、ドイツの美しい春を題材にした作品、そして星野富弘さんの詩による「花に寄せて」から。この曲は合唱がオリジナルなのですが、独唱版が発表され、飛びつくように選曲した作品です。
どうぞお楽しみに。

望月哲也

クリックするとチラシのPDFが開きます。