小林美恵 華麗なるヴァイオリンの伝説全6回
第5回 「クリムトの幻影」 ~小林美恵 ウィーン世紀末を弾く

2020年5月24日(日)

15:00開演(14:30開場) ※14:40~浦久俊彦によるプレトーク

全席指定5,000円(税込)

その甘美な音色は、天使の歌声か?悪魔のささやきか?人の手によるもっとも完璧な楽器といわれる「ヴァイオリン」。科学も最新テクノロジーも寄せ付けない、その神秘の世界に日本が誇るヴァイオリニスト、小林美恵が挑む!ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門に日本人として初優勝の快挙を成し遂げて以来、日本屈指の実力派ヴァイオリニストとして活躍を続けてきた小林が、「悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト-パガニーニ伝-」などの著書でも話題の作家・文化芸術プロデューサーの浦久俊彦をパートナーに歴史・アート・社会など、これまでにない多彩な角度からヴァイオリンの神秘と魅力を徹底解剖。ヴァイオリンファンからクラシック音楽の初心者まで、誰もが楽しめる新時代のトーク&コンサートの第5回は「クリムトの幻影」。共演には、パリ国立高等音楽院で教鞭をとりながら、室内楽のスペシャリストとして充実したキャリアを歩み、安定の技巧、卓越した作品解釈で深化した音楽を聴かせるピアニスト・上田晴子を迎え、ウィーンの画家クリムトの絵画に通ずるマーラー、R.シュトラウスらの退廃的で耽美なウィーン世紀末の世界に皆様をお招きいたします。

[出演]

小林美恵(ヴァイオリン)
上田晴子(ピアノ)
浦久俊彦(ナビゲーター)

[プログラム]

クライスラー:ウィーン狂詩的小幻想曲
Kreisler : Viennese Rhapsodic Fantasietta

マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調 より 第4楽章 アダージェット
Mahler : The 4th Movement Adagietto from Symphony No.5 in c# minor

シェーンベルク:幻想曲 op.47
Schönberg : Phantasy op.47

R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18 / TrV 151
R.Strauss : Sonata for Violin and Piano in E♭ major op.18 / TrV 151

[プロフィール]

小林美恵(ヴァイオリン) Mie Kobayashi, violin

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学を首席で卒業。在学中に安宅賞、福島賞を受賞。1983年第52回日本音楽コンクール第2位。84年海外派遣コンクール河合賞受賞。88年にはシュポア国際ヴァイオリン・コンクール第2位、あわせてソナタ賞を受賞。90年、ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝。以来、国内外で本格的な活動を開始する。これまでに、NHK交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等の国内の主要オーケストラ、ハンガリー国立交響楽団、プラハ交響楽団のソリストとして、充実した演奏を高く評価される。また、静岡のAOI・レジデンス・クヮルテットのメンバーをはじめ、数多くの共演者と室内楽の分野においても活動を広げ、軽井沢国際音楽祭に毎年出演するなど音楽祭にも積極的に参加している。CDは、「プレイズ・クライスラー」、パスカル・ロジェとのデュオ「フォーレ作品集」「ラヴェル&エネスコ ヴァイオリン・ソナタ集」、ツィゴイネルワイゼンなどを収録した「ヴァイオリン名曲集」などに加え、18年5月には、新CD「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)」がリリースされた。10年には、紀尾井ホールでデビュー20周年の記念リサイタルを行い、同年ロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門の審査員として招かれた。12年には、パキスタンで行われた日パキスタン国交樹立60年の記念演奏会に出演。そのほか、フランス、イギリス、タイ、中国、韓国、ニュージーランド等でも公演を行い、洗練され、しかもダイナミックに奏でられる重厚な演奏は、多くの聴衆を魅了した。15年のデビュー25周年は、2年間で6回の記念リサイタルを企画、好演。18年2月からは、Hakuju Hallにてリサイタル新シリーズ「小林美恵 華麗なるヴァイオリンの伝説」(全6回)を開始した。今後も日本を代表するヴァイオリニストとして、リサイタル、室内楽、オーケストラとの共演など全国各地で公演が予定されている。現在、昭和音楽大学客員教授。


(C)Akira Muto

上田晴子(ピアノ) Haruko Ueda, piano

東京藝術大学附属高等学校、同大学卒業、同大学院修了後、ロータリー財団奨学生として渡仏、パリ・ヨーロッパ音楽院卒業。1986年、ロン=ティボーコンクール入賞、95年、日本国際ヴァイオリンコンクール最優秀伴奏者賞など受賞。ソリスト、室内楽奏者として日、欧で演奏活動を行う。共演する演奏家は、J.J.カントロフ、P.ヴェルニコフ、O.シャルリエ、千々岩英一、小林美恵、玉井菜採、A.デュメイ、S.ルセフ(vn)、B.パスキエ(va)、堤剛(vc)、M.アリニョン、N.バルデイルー(cl)、エネスコSQ等。録音は、ALMより、カントロフとのCD「プロコフィエフ、シュトラウス・ヴァイオリンソナタ集」(レコード芸術誌準特選)、特選の「ドホナニ、エネスコ・ヴァイオリンソナタ集」「エネスコ、ブゾーニ・ヴァイオリン作品集」「ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲集 vol.1,vol.2,vol.3」、M.アリニョンとのCD(レコード芸術誌準特選)、オクタヴィアレコードより千々岩英一との「ポエム」(レコード芸術誌準特選)、フランスのレーヴェルでL.コルシアとの「ミスターパガニーニ」、郷古廉との「ブラームスソナタ」など多数。19年2月、姫路市文化芸術賞受賞。現在パリ国立高等音楽院室内楽科教授、ピアノ科准教授。


(C)三浦興一

浦久俊彦(ナビゲーター) Toshihiko Urahisa, navigator

文筆家、文化芸術プロデューサー。パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。フランスを拠点に20年以上にわたり、音楽・芸術分野だけでなく、M.O.F.(フランス最優秀職人)の支援など、幅広く総合文化プロデューサーとしても活躍。帰国後、三井住友海上しらかわホールのエグゼクティブ・ディレクターを経て、現在、浦久俊彦事務所代表。多彩な分野のアーティストのオリジナル企画を手がけるほか、一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、代官山未来音楽塾塾頭、サラマンカホール音楽監督として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書に「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」(新潮社)、「138億年の音楽史」(講談社)、「悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト-パガニーニ伝-」(新潮社)がある。


(C)新津保 建秀

企画・構成:浦久俊彦事務所/制作:株式会社ジャパン・アーツ

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
9月21日(土)~9月27日(金)
※日・月・祝日 休み
※DM会員限定まとめ割もあります。
 詳細はお問合せください。

【一般発売】
9月28日(土)~

[次回シリーズ最終回の内容]

第6回 宵ひ待ち草がみた夢
(2020年10月25日(日)
ピアノ:ジャンミッシェル・キム)

小林美恵 東欧&アジアを弾く

メッセージ

ある日、一枚の絵葉書が届きました。クリムトの「接吻」

魅惑的な絵でした。ヴァイオリンのケースに入れて、いつも眺めていました。

ある時、ふと、この後この二人はどうなるのだろうと思いました。このまま二人は崖の下に落ちるのだろうか?男性だけが残るのだろうか?それとも?それを確かめるために、ベルヴェデーレ宮殿に実際に観に行ったことを、懐かしく思い出します。

今でも歩いて角を曲がれば、モーツァルトやベートーヴェンとすれ違うのではと感じるウィーンの街。ウィーンで生活した多くの偉大な作曲家たちの体温までも側に感じるこの街の19世紀末は、どんな空気の匂いがしていたのだろうと思います。古いものと新しいもの、東洋と西洋、幻想や夢、生と死、いろいろなものが渾然と渦巻いていて、その爛熟した中から何かを敏感に感じ、聴いていたかもしれない。それはもしかしたら、現代ではどこかに置き忘れてきてしまったものかもしれないと思うのです。

小林美恵

ヴァイオリンの神秘と魅力に迫る小林美恵の人気シリーズ「華麗なるヴァイオリンの伝説」第5弾!テーマは、20世紀芸術に大きな足跡を残したウィーン世紀末です。東方と西方が交わる「民族・文化の十字路」として独自の文化・芸術を育んだ都市ウィーンは、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、マーラーなど名だたる大音楽家が活躍した音楽の都でもあります。栄華を極めたハプスブルク帝国の都ウィーンが、まさに落日の輝きをみせたのが、世紀末ウィーンの多彩な芸術運動でした。そのウィーンならではの輝きと響きを、美しきヴァイオリンの音色とともにお届けいたします。

浦久俊彦(作家・文化芸術プロデューサー)