第14回 ワンダフルoneアワー
ウェールズ弦楽四重奏団 [Resident Artist]

ミュンヘン国際音楽コンクール第3位を獲得、日本発世界へ!東京クヮルテットを継ぐ “新世代クァルテット”

2015年4月17日(金)

①15:00開演(14:30開場) ②19:30開演(19:00開場) ※休憩なし約1時間

各回全席指定3,000円(税込)

日本のクァルテット界を牽引する若き新世代、ウェールズ弦楽四重奏団
ニューヨークと日本を舞台に活動する気鋭・猿谷紀郎の作品と、クァルテット弾きにとって重要な作曲家、シューベルトの名曲中の名曲「ロザムンデ」を演奏します。
2013年、伊勢神宮式年遷宮の奉祝曲として作曲した「浄闇(じょうあん)の祈り2673」で3度目となる第62回尾髙賞を受賞した猿谷のこの作品は、日本の雅楽に通じる美しさを感じる世界観が高く評価されています。「アイテールの貪欲」もまた、猿谷の面目躍如といえる作品といえます。また、シューベルトの後期三大弦楽四重奏曲の一つである「ロザムンデ」は、詩情溢れる美しい響きで、数々の演奏家たちが名演を繰り広げてきました。ウェールズ弦楽四重奏団のレジデント・アーティスト公演最後を飾るにふさわしく、大きな期待が寄せられます。

[出演]

ウェールズ弦楽四重奏団

﨑谷直人(ヴァイオリン)
三原久遠(ヴァイオリン)
横溝耕一(ヴィオラ)
富岡廉太郎(チェロ)

[プログラム]

猿谷紀郎:アイテールの貪欲
シューベルト:弦楽四重奏曲 第13番 イ短調 「ロザムンデ」 D.804

[プロフィール]

ウェールズ弦楽四重奏団 Verus String Quartet

桐朋学園の学生により2006年に結成。軽井沢八月祭、宮崎国際音楽祭、プロジェクトQ、JTが育てるアンサンブルシリーズ他、国内の多数の演奏会、音楽祭に参加。08年ミュンヘンARD国際音楽コンクールにて第3位、日本人の団体として東京クヮルテット以来38年ぶりの入賞を果たす。09年日本音楽財団の協力で王子ホールにて正式なデビュー公演を行う。原田幸一郎、東京クヮルテットのメンバー等から指導を受ける。
10年春より拠点をスイス・バーゼルに移し、バーゼル音楽院にてライナー・シュミット(ハーゲン四重奏団)のもとで研鑽を積む。南仏ボニユー音楽祭、ドイツ・ヴェストヴェーク現代音楽シリーズ、ドイツ・ボイゲン城でのコンサートへの出演など、ヨーロッパでも活動の場を広げる。10年ボザール・トリオの創設者メナヘム・プレスラーと共演、京都青山音楽賞受賞。11年バーゼル・オーケストラ協会(BOG)コンクールにて“エクゼコー”賞受賞、第7回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位。08、10、11年度、松尾学術振興財団より助成を受ける。
12年6月バーゼル音楽院を修了し、13年2月より拠点を日本に活動。3月東京・春・音楽祭に出演。4月にはHakuju Hallにて行われた藤倉大の個展にて弦楽四重奏曲第2番「フレア」(2010)を演奏し好評を博す。さらに10月には紀尾井ホール主催公演にて本格的なリサイタルを成功に導く。14年2月には、08年同じくミュンヘンARD国際音楽コンクールで第3位入賞のクラリネットの金子平との共演が好評を博す。14年3月からはレジデント・アーティストとしてHakuju Hallで全3回のシリーズを担当。


(C)Satoshi Oono

﨑谷直人(ヴァイオリン) Naoto Sakiya, violin

1987年生まれ。ケルン音大、パリ市立音楽院、桐朋学園ソリストディプロマを経てバーゼル音楽院修了。ノボシビルスク国際コンクール第1位、メニューイン国際コンクール第3位。バーゼル響、東フィル、京響、神奈川フィル等と共演。また、東フィル、九響、神奈川フィル、読響などにゲスト・コンサートマスターに招かれる。2006年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。宮崎国際、シュヴェッツィンゲン等、国内外の主要音楽祭に出演。高田美穂子、原田幸一郎、ジェラール・プーレ、ロラン・ドガレイユ、ダニエル・ゼペックに師事。14年4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団第一コンサートマスターに就任。


(C)Satoshi Oono

三原久遠(ヴァイオリン) Hisao Mihara, violin

1989年生まれ。桐朋学園大学を経てバーゼル音楽院を修了。プロジェクトQ、小澤征爾音楽塾、若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」に参加。イヴリー・ギトリス、コリヤ・ブラッハー、ダニエル・ゲーデのマスタークラスを受講。JTが育てるアンサンブルシリーズ、軽井沢八月祭フェローシップ・プログラム等に出演。ヴァイオリンを青木晶央、茂木佳子、澤和樹、木野雅之、藤原浜雄、室内楽を東京クヮルテット、原田幸一郎、今井信子、原田禎夫、毛利伯郎、指揮を高関健に師事。2009年ウェールズ弦楽四重奏団に加入。東京都交響楽団団員。


(C)Satoshi Oono

横溝耕一(ヴィオラ) Koichi Yokomizo, viola

1986年生まれ。NHK交響楽団ヴァイオリン奏者。第58回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選。桐朋学園大学では室内楽試験において首席で修了し、2009年に卒業。宮崎国際音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本等に参加。これまでに小川有紀子、小森谷巧、堀正文、徳永二男に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎、原田幸一郎、東京クヮルテットに師事。06年、ウェールズ弦楽四重奏団の設立にはヴィオラ奏者として参加し09年まで活動。13年1月よりウェールズ弦楽四重奏団に復帰。


(C)Satoshi Oono

富岡廉太郎(チェロ) Rentaro Tomioka, violoncello

1986年札幌市出身。9歳よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、バーゼル音楽院を修了。これまでに、札幌ジュニアチェロコンクール特別奨励賞。いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、プロジェクトQ等に参加。オーケストラの客演首席奏者の活動を始めとし、多数のコンサート、音楽祭に出演。上原与四郎、毛利伯郎に師事。2006年ウェールズ弦楽四重奏団の創立に参加。14年6月より東京シティ・フィルハーモニー管弦楽団客員首席奏者に就任。


(C)Satoshi Oono

後援:フランツ・シューベルト・ソサエティ

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

DM会員先行発売 11月8日(土)~
一般発売 11月15日(土)~

弦楽四重奏の愉しみ

見方によっては、弦楽四重奏は音による完璧な構築物だと考えることができる。四つの楽器の音色が同質であるため、聴き手には四人がひとつの楽器を演奏しているように聞こえる。「ピアノのように自由にハーモニーを奏でられるヴァイオリン」と表現してもよいだろう。
-パウル・ベッカー*『オーケストラの音楽史』より
*20世紀初頭に活躍したドイツを代表する音楽評論家

弦楽四重奏-2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ-は、“じみ”な世界です。
オーケストラの演奏会に出かけてみると、ステージは大勢の人で埋め尽くされ、そこにはたくさんの楽器が並び、力強さと派手さを味わうことができます。あるいはピアノ・リサイタルに出かけてみれば、スポットライトを一身に浴びたたった一人のピアニストが颯爽と現れ、学校の音楽室に必ずあった誰しも見覚えのある黒光りする楽器-ピアノ-を華麗に弾き、スターに出会った!という感激を味わうことができます。
弦楽四重奏の演奏会には、オーケストラほどの力強さも派手さも無く、ピアノ・リサイタルほどの華やかさやスター性もありません。
そう、「地味」なのです。
けれども、この「地味」さの中にこそ、「滋味」*が溢れているのです。
同質だからこそ生まれる、完璧なハーモニー。
「地味」かもしれないけれど、そこに「滋味」を感じること、これこそが弦楽四重奏の愉しみなのです。

*滋味
1 栄養があって味のいいこと。栄養豊富でおいしい食べ物。「―に富む料理」
2 豊かで深い精神的な味わい。「―掬(きく)すべき作品」

メッセージ

40数年前、日光で行われたジュリアード弦楽四重奏団の講習会に参加した原田禎夫さんと僕に、当時の第1ヴァイオリンだったロバート・マンさんが声をかけてくださった。このマンさんの言葉が、東京クヮルテット誕生のきっかけでした。この東京クヮルテットを引き継いでくれるのが、私の弟子でもある「ウェールズ弦楽四重奏団」であることを心から願っています。

 ウェールズ弦楽四重奏団が、東京クヮルテットに続いて、2008年にミュンヘン国際コンクールで入賞した時、ようやく日本から本格的にクァルテットを目指す若者たちが誕生したと期待に胸がふくらみました。その後、ヨーロッパで活動を広げて行きたいと決意した時、残念ながら2人のメンバーが抜けることになり、一時はどうなることかと大変心配しました。しかし、彼らはどうしてもクァルテットを続けて行くんだ、という強い意志を持ち続け、紆余屈折を経て、バーゼルでの2年間の研鑽を終え、去年から日本で新たなスタートをきることとなりました。

室内楽の演奏の場が少ない日本で活動を続けるのは非常に難しい事です。でも、良い演奏を続けていればいつか道は開かれると信じてやって行って欲しいと強く願います。またこのような素晴らしい機会を与えてくださったHakuju Hallに心から感謝いたします。

原田幸一郎(ヴァイオリニスト)

インタビュー

「ウェールズ弦楽四重奏団
いまだかつてない弦楽四重奏団をめざして」

日本の若手の弦楽四重奏団のホープとして人気実力とも、トップの団体の一つとして活躍している「ウェールズ弦楽四重奏団」が、第三期のメンバーとしては初めての大きなコンサートを行なう。

続きを読む(Webアッコルド)

ニュース

ウェールズ弦楽四重奏団のプロモーションビデオを公開しました!

2014~2015年のレジデントアーティストとして「ワンダフルoneアワー」に3回シリーズで登場するウェールズ弦楽四重奏団。
その演奏も聴けるプロモーションビデオをYou tubeに公開しました!

こちらからご覧ください

【演奏曲】
J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244より
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 op.135より
藤倉大:弦楽四重奏曲 第2番 「フレア」より