目で聴く 耳で観る 即興コンサート vol.4

藝大の即興・創造講座、即興ソルフェージュ履修者による即興コンサート

2018年7月7日(土)

17:00開演(16:30開場)

全席指定 リクライニング席[A~G列] 2,000円(税込) / 普通席[I~Q列] 1,500円(税込)

クラシック、ジャズ、即興…ジャンルにとらわれず音楽の新しい時代を切り開く、鬼才サクソフォン奏者・平野公崇。2004年に洗足学園音楽大学で日本で初めての本格的な即興演奏の授業を、2011年には東京藝術大学でも即興・創造講座を開始し「教わる、教えるのではなく、学生自らが未来に向かって発想する」ことに挑戦してきました。
2015年から毎年7月に行ってきたこれら2大学の即興クラス受講生、卒業生による即興コンサートも今年で4回目。第1回から第3回では、舞台美術、プロジェクションマッピングのインスタレーションなども用いた即興のコンサートを行い、若い感性から湧き出る斬新な発想と未来を担う学生達の無限の可能性をお見せしました。
今年も7月に、Hakuju Hallの空間を最大限に活かした創造の世界を披露します。
音楽専攻の学生だけではなく、美術、建築などを専攻する学生たちが、自由な発想で創りあげていくライヴ・コンサートにご期待ください!

[出演]

東京藝術大学音楽学部・美術学部の学生と卒業生
洗足学園音楽大学の学生と卒業生

監修:平野公崇

[プロフィール]

平野公崇(監修) Masataka Hirano, music supervisor

東京藝術大学在学中、第7回日本管打楽器コンクールで第1位。卒業後パリ国立高等音楽院に入学、サクソフォン科、室内楽科、即興演奏科を最優秀の成績で卒業。同音楽院在学中にJ=Mロンデックス国際コンクールを制して日本人サクソフォニスト初の国際コンクール優勝者となる。日本では2000年、現代作品と即興のみで構成された異色のアルバム「ミレニアム」で鮮烈なデビューを果たす。読響、新日フィル、大フィル、札響、広響等オーケストラとの共演多数。日本テレビ「深夜の音楽会」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHKクラシック倶楽部、名曲アルバム、大和証券CM、DVD「英詩紀行」等への出演や楽曲提供等多数。また12年、高倉健主演映画「あなたへ」の劇中音楽に参加。日本管打楽器コンクール、大阪国際室内楽コンクール、全日本吹奏楽コンクール等の審査員を務める。洗足学園において日本初の即興演奏の授業を始め、現在は東京藝術大学でも同授業が開設されている。東京藝術大学、エリザベト音楽大学、東邦音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。フランスのアカデミー・ハバネラ講師。


(C)ノザワヒロミチ
(CAPSULEOFFICE)

企画制作:目で聴く 耳で観る 即興コンサート事務局

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
5月12日(土)~5月18日(金)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
5月19日(土)~

メッセージ

お陰様で「目で聴く 耳で観る 即興コンサート」も今回で4回目を迎えることになりました。
全面的なご協力を頂いているHakuju Hall様に心より感謝申し上げます。

一昨年より藝大に於いては、日仏のグローバル企画としてパリ音楽院から即興科の教授を招き、マスタークラスとコンサートを行っています。
また今年2月には、千葉県市川市文化振興財団の協力により、恐らく日本で初めてとなる即興オーディションを開催しました。本コンサートの出演者である藝大と洗足の学生達が見事な演奏をし、優勝、入賞を果たしました。
日々少しずつ、しかし確実に、この即興演奏の面白さと意義深さが世の中に認識され続けられていることはこの上ない喜びです。

即興の音楽とは、奏者自身の価値観を示す音楽です。
今、この瞬間をどの様にとらえたのか?
それをどの様な表現で発するのか?
リアルタイムで変化する状況、奏者の内面がダイレクトに伝わるコンサートの面白さを是非御堪能下さい!

平野公崇