第9回 フルート・ライヴ in Hakuju 2018

豪華絢爛!工藤重典と仲間たちが繰り広げる、フルートの祭典

2018年6月6日(水)

プレコンサート18:00開演/本公演19:00開演 (17:30開場)

全席指定4,000円(税込)


※写真は2017年6月公演時の様子

世界的フルート奏者・工藤重典と、第一線で活躍するフルーティスト達が綺羅星のように集う“フルートの祭典”、フルート・ライヴ。9回目となる今回は、総勢10名の実力派に、注目の若手奏者4名による“若い芽のカルテット”も加わり、さらにスペシャル・ゲストとして今世紀を代表するフルートの巨匠、アンドラシュ・アドリアンも登場!プレコンサートでは2017年のコンクールで優勝した、工藤重典が推薦する2人の輝かしい“新星”たちが登場し、フレッシュな演奏を披露。パリ国立高等音楽院ピアノ科を最優秀で卒業し、工藤をはじめ名演奏家達からの信頼も厚いピアニスト、長崎麻里香も迎え、フルートの魅力満載のステージを繰り広げます。ますます豪華絢爛なフルートの祭典「フルート・ライヴ」に、今年もご期待ください!

18:00開演 [プレコンサート] 

[出演]

東佳音(2017年仙台フルートコンクール優勝)
瀧本実里(2017年三田ユネスココンクール優勝)

[プログラム]

ピエルネ:フルート・ソナタ op.36
プロコフィエフ:フルート・ソナタ ニ長調 op.94

19:00開演 [本公演]

[出演]

工藤重典/アンドラシュ・アドリアン/飯島諒/岩佐和弘/梶川真歩
白戸美帆/藤田真頼/中山広樹/西岡あかね/山内豊瑞/吉田杏奈
若い芽のカルテット:石原小春/小野塚菜々/坂本伽耶/菅野芽生(以上、フルート)
2017年コンクール入賞者:東佳音/瀧本実里
長崎麻里香(ピアノ)

[プログラム]

ボワモルティエ:5本のフルートのための協奏曲 op.15より 第1番 ト長調
モーツァルト:アンダンテ ト長調 (K.448より)
ハイドン:ロンドン・トリオ 第4番 ト長調 Hob.Ⅳ:4
クーラウ(A.アドリアン編):スコットランド民謡による変奏曲 ヘ長調 op.104
ポーボン:4つの女の変貌
ヴィヴァルディ:4本のフルートのための協奏曲 ニ短調
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ゲーゼ:フルートとオーケストラのためのカプリッチョ

[プロフィール]

工藤重典(フルート) Shigenori Kudo, flute

札幌生まれ。1979年にパリ国立高等音楽院のJ.P.ランパル氏のクラスを一等賞で卒業。パリ国際フルートコンクール、ラ・ロッシェル現代音楽コンクール、ミュンヘン国際コンクール、ランパル国際フルートコンクールなどに入賞。これまでにザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、NHK交響楽団など国内外の主要オーケストラと共演している。また、J.P.ランパル、ロストロポーヴィッチ、パスキエトリオ、ウィーン弦楽四重奏団、C.ボリング、V.D.ロスアンヘレス、J.ノーマンなどのソリスト達と共演も多い。リサイタルやマスタークラスを40ヶ国、180以上の都市で開催。また、CDやレコードは、これまでに60枚以上リリースしている。20年以上に渡り小澤征爾指揮/サイトウ・キネン・オーケストラの首席フルーティストを務め、東京音楽大学、エリザベート音楽大学、昭和音楽大学、パリ・エコール・ノルマルにて後進の指導にもあたっている。現在、水戸室内管弦楽団首席奏者。2015年は、フルートを演奏し始めて50年目の記念プロジェクトを各地で展開し成功をおさめた。文化庁芸術作品賞、村松賞、フランス国大統領賞、京都芸術祭特別賞を受賞。

アンドラシュ・アドリアン(フルート) András Adorján, flute

ブタペスト生まれ。コペンハーゲンで育ち、1974年よりミュンヘン在住。歯科学を学びディプロマを取得。フルートをA.ニコレ、J.P.ランパルに師事、研鑽を積む。68年コペンハーゲンで行われたJacob Gade Prizeとモントルーで開催された国際フルートコンクールで優勝後、71年パリ国際フルートコンクールで第1位を獲得。70年から87年の間、ストックホルム、ケルン、バーデン=バーデン、ミュンヘンの各オーケストラの首席奏者を務め、87年よりケルン音楽大学教授、96年からはミュンヘン国立音楽大学教授を歴任。2009年に出版されたフルートに特化した百科事典「Lexikon der Flote」の編纂も行っている。これまでに100以上の録音を発表し、88年にはドイツ批評家賞を受賞。

飯島諒(フルート) Ryo Iijima, flute

9歳の時にNHKの「趣味悠々フルート入門」の初級クラスに出演しフルートを始める。甲斐清和高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学管楽器専攻を首席で卒業し、その後パリに留学。第3回三田ユネスコフルートコンクール第2位。第8回仙台フルートコンクール第1位。現在、甲斐清和高等学校音楽科付属音楽教室講師。

岩佐和弘(フルート) Kazuhiro Iwasa, flute

東京音楽大学卒業後、フランスに留学し、レイモン・ギオー、工藤重典氏らに師事。パリUFAM国際コンクール入賞。これまでに、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団、パイヤール室内管弦楽団などの公演に出演。トウキョウ・モーツァルト・プレイヤーズ、カスタムウインズ木管五重奏団メンバー。

梶川真歩(フルート) Maho Kajikawa, flute

東京藝術大学卒業。パリ・エコール・ノルマル音楽院、パリ国立地方音楽院フルート科、ピッコロ科を卒業。コンクール・ジュヌフルーティストフルート部門1位、ピッコロ部門2位、大阪国際室内楽コンクール3位、東京音楽コンクール3位、日本音楽コンクール入選。アンサンブルミクスト木管五重奏団メンバー。

白戸美帆(フルート) Miho Shirato, flute

宮城学院女子大学を経て、パリ国立地方音楽院及びオルネイ・ス・ボア音楽院を満場一致の一等賞を得て卒業。びわ湖国際フルートコンクール、日本フルートコンヴェンションコンクール、仙台フルートコンクールにていずれも第1位。仙台フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団と共演。宮城学院女子大学音楽科、非常勤講師。これまでに、水井稔、山元康生、瀬尾和紀、ナタリー・ロザ、パトリック・ガロワ、故立花千春、工藤重典の各氏に師事。

藤田真頼(フルート) Mayori Fujita, flute

東京音大在学中に民音室内楽コンクール入賞。フランス国立R・マルメゾン音楽院のフルート、室内楽科で1等賞。CD「タファネルとゴーベールの遺産」はレコード芸術誌の準推薦盤。E・B・レジーナ、木管アンサンブル「ソシエテ」代表。フランス・グロワ島音楽アカデミー講師。昭和音楽大学講師。日本フルート協会常任理事。

中山広樹(フルート) Hiroki Nakayama, flute

武蔵野音楽大学、大学院修士課程修了。パリ・エコール・ノルマル音楽院高等演奏家コース卒業。皇居桃華楽堂にて御前演奏。第8回パリ・リュテス・フルートコンクール第3位。Kバレエカンパニー所属、シアターオーケストラトーキョーの1stフルート奏者。ヤマハホールなどで3度のリサイタル、CD「2月の風」をリリース。

西岡あかね(フルート) Akane Nishioka, flute

パリ国立高等音楽院卒業。在学中、ヤマハ音楽振興会、NPO財団法人イエロー・エンジェル奨学生。2008年文化庁新進芸術家海外研修生として研鑽を積む。11年より小澤征爾音楽塾生として、サイトウ・キネン・フェスティバル、オペラ・プロジェクトに参加。国内外のコンクールにて受賞歴多数。フリー奏者として東京、名古屋を拠点に演奏活動。後進の指導も行う。

山内豊瑞(フルート) Toyomitsu Yamauchi, flute

武蔵野音楽大学卒業後渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院にて演奏家資格を取得。三田ユネスコフルートコンクール第1位、併せて窪田孝子賞受賞。びわ湖国際フルートコンクール一般部門入賞。フルートデュオ櫻舞-aube-メンバー。国内の主なデュオコンクールにおいて1位を受賞。現在、ソロ活動の他に国内外のオーケストラや吹奏楽、レコーディングなど活動、また後進の指導にも当たる。

吉田杏奈(フルート) Anna Yoshida, flute

桐朋学園大学を首席で卒業。パリ・エコール・ノルマル音楽院を満場一致で卒業。ル・パルナスコンクール3位(仏)、レオポルトベラン国際音楽・舞台芸術コンクール1位(仏)。工藤重典氏、クラウディ・アリマニー氏との共演Live録音CD「エコール・マルセイエーズ・トリオ」をライヴノーツよりリリース。東京主要オーケストラで客演を勤める。アートピア音芸学院講師。エコール・マルセイエーズ・フルート教室主宰。

<若い芽のカルテット>

石原小春(フルート) Koharu Ishihara, flute

3歳からピアノを、8歳からフルートを始める。第67回全日本学生音楽コンクール大阪大会第3位、全国大会入選。第24回日本クラシック音楽コンクール第2位(1位なし)。第29回宝塚ベガ音楽コンクール入選。第18回日本フルートコンヴェンションコンクール第2位。第5回三田ユネスコフルートコンクール第3位、オーディエンス賞。これまでに山腰まり、長谷場純一、工藤重典の各氏に師事。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、現在東京音楽大学に在学中。

小野塚菜々(フルート) Nana Onozuka, flute

上野学園大学演奏家コース卒業、同専攻科修了後、渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院にて、演奏家資格を満場一致の賞賛付き第1位で取得。リュエイユ・マルメゾン地方音楽院にてP.ピエルロ氏のクラスに在籍中。第21回フランス国際ジュンヌフルーティストコンクールExcellence部門第2位。これまでにフルートを立花千春、工藤重典、工藤雅子、三上明子、岩佐和弘各氏に、室内楽を吉野直子、今井信子、曽根麻矢子、M.モラゲス各氏に師事。

坂本伽耶(フルート) Kaya Sakamoto, flute

静岡県浜松市出身。東京音楽大学卒業後渡仏。第13回静岡県フルートコンクール一般部門第1位。第25回フランス国際ジュンヌフルーティストコンクールsupérieur部門第1位。小澤征爾音楽塾オーケストラ、オペラプロジェクトXIVに参加。これまでにフルートを工藤重典、フィリップ・ピエルロ、工藤雅子、岩佐和弘、垣野内英博、田中貫一、室内楽を工藤重典、ミッシェル・モラゲスの各氏に師事。現在、リュエイユ・マルメゾン地方音楽院、パリ・エコール・ノルマル音楽院に在学中。

菅野芽生(フルート) Mei Sugeno, flute

飯島文子、飯島和久両氏の元でフルートを始める。上野学園大学演奏家コースを卒業後、2013年渡仏。パリ・エコール·ノルマル音楽院にて高等演奏家ディプロムを満場一致で取得。これまでにフルートを三上明子、工藤重典、工藤雅子、Philippe Pierlot各氏、室内楽をMichel Moragues氏、ピッコロをPierre Dumail氏に師事。現在リュエイユ・マルメゾン地方音楽院及びパリ第10大学にて学士課程に在籍中。第2回三田ユネスコフルートコンクール第3位、第8回仙台フルートコンクール第2位。Salieri Zinetti International Chamber Music Competition 2017(Italiy)セミファイナリスト。

<2017年コンクール入賞者>

東佳音(フルート) Kanon Azuma, flute

宮城県出身。東京音楽大学卒業、同大学大学院修了予定。第13回仙台フルートコンクール一般の部第1位。第5回三田ユネスコ・フルートコンクール第2位。第32回かながわ音楽コンクール・フルート部門一般の部特選。小澤征爾音楽塾塾生としてOMFオペラ、オペラプロジェクトXVに参加。これまでにフルートを工藤重典、甲斐雅之、濤岡敬三、山元康生、神田寛明、ピッコロを秋山君彦の各氏に師事。

瀧本実里(フルート) Misato Takimoto, flute

1994年生まれ、栃木県出身。8歳で小学校の吹奏楽部に入部しフルートを始める。これまでに、坂本しのぶ氏、工藤重典氏に師事。2016年、小澤征爾音楽塾にてOMFオペラ、17年オペラプロジェクトXVに参加。第11回仙台フルートコンクール第1位。第85回日本音楽コンクールフルート部門第3位。17年第18回日本フルートコンヴェンションコンクール第1位及び吉田雅夫賞、第5回三田ユネスコフルートコンクール第1位及び三田市長賞。現在、東京音楽大学科目等履修生に在学中。

長崎麻里香(ピアノ) Marika Nagasaki, piano

15歳で渡仏し、パリ・エコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院卒業。パリ、サル・コルトーでのソロリサイタル、A・コルトー記念演奏会、その他欧米各地での演奏会に出演。ソロのみならず、室内楽奏者、伴奏者として国内外のアーティストと共演も多く、共演者からも厚い信頼を得ている。

企画制作:フルート・ライヴ実行委員会

協賛: 株式会社ヤマハミュージックジャパン/株式会社ドルチェ楽器/パウエル・フルート・ジャパン
村松楽器販売株式会社

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
11月18日(土)~11月24日(金)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
11月25日(土)~