第133回 スーパー・リクライニング・コンサート
ピアノ・トリオ リサイタル

若手トップ奏者による珠玉のピアノ・トリオ

2018年3月16日(金)

①15:00開演(14:30開場) ②19:30開演(19:00開場) ※休憩なし約1時間

各回全席指定リクライニング 2,000円(税込)

日本音楽コンクール第2位及び増沢賞、ARDミュンヘン国際音楽コンクール第2位及び聴衆賞、ハイドン国際室内楽コンクール第1位及び聴衆賞など多数の受賞歴を誇り、ソリストとしてもウィーン楽友協会でのリサイタルや、チェコフィルなどと共演している若手実力派ヴァイオリニスト、白井圭。ガスパール・カサド国際チェロ・コンクールで第3位入賞(日本人最高位)を果たし、2015年に日本フィルソロ・チェロ奏者として迎えられた注目の若手チェリスト辻本玲。そして、国内外の実力派ヴァイオリニスト、チェリストたちが絶大なる信頼を寄せるピアニスト須関裕子を迎え、名曲の数々をデュオやトリオでお贈りします。

[出演]

白井圭(ヴァイオリン)
辻本玲(チェロ)
須関裕子(ピアノ)

[出演者変更のお知らせ]

本公演出演を予定しておりました千葉清加さんは、腕の怪我により演奏会への出演が不可能となりました。
千葉清加さんに代わりまして、共演者からのご推薦で白井圭さんにご出演いただくことが決定いたしました。
なお、本公演の出演者及び曲目の変更に伴うチケットの払い戻しはございません。
お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、事情ご賢察の上、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

[プログラム]

※最終曲目は現在調整中です。

[プロフィール]

白井圭(ヴァイオリン) Kei Shirai, violin

1983年トリニダード・トバゴ共和国生まれ。3歳でヴァイオリンを始め、6歳より徳永二男氏に師事。東京藝術大学附属高校を経て、同大学を卒業。その間、大谷康子、田中千香士、ゴールドベルク山根美代子の各氏に師事。2007年、「文化庁新進芸術家海外研修制度」の奨学生として留学、ウィーン国立音楽演劇大学でヨハネス・マイスル氏に師事する他、ヴェスナ・スタンコービッチ氏のレッスンも受ける。これまでに、日本音楽コンクール第2位及び増沢賞(01年)、ARDミュンヘン国際音楽コンクール第2位及び聴衆賞(09年)など国内外で受賞歴多数。ソリストとして、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会への出演をはじめ、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神戸市室内合奏団、ミュンヘン室内管弦楽団などと共演。また、ウィーン楽友協会のGläsernersaalや、トッパンホール(東京)、Schwarzwald Musikfestivalなどの招きにより、ソロ及びデュオリサイタルを開催した。11年9月より半年間は、ウィーン国立歌劇場オーケストラ及び、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の契約団員として、著名な指揮者の下で演奏。12年、Sibila Konstantinova(Pf.) Tristan Cornut(Vc)と「Stefan Zweig Trio」を結成、演奏活動を開始。13年より、シュトゥットガルト放送交響楽団のメンバー及び横坂源(Vc)とLudwig Chamber Players(LCP)としての活動を開始。その他、薫陶を受けた田中千香士氏亡き後、氏の創設したレボリューションアンサンブルの音楽監督に就任、岐阜県中津川市加子母で毎年開催されている「田中千香士音楽祭」には指揮者として招かれている。神戸市室内合奏団コンサートマスター。

辻本玲(チェロ) Rei Tsujimoto, violoncello

東京藝術大学音楽学部器楽科を首席で卒業。その後シベリウス・アカデミー(フィンランド)、ベルン芸術大学(スイス)に留学し卒業。第72回日本音楽コンクール第2位(「聴衆賞」受賞)。2007年度青山音楽賞新人賞受賞。09年ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)。13年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。11年に東京サントリーホール他5大都市でデビュー・リサイタルを開催。13年トッパンホールでのリサイタルは読売新聞の演奏会評にて「質実剛健な音、得難い逸材」と絶賛された。サイトウ・キネン・オーケストラ、アルカス佐世保のレジデンス・カルテットに毎年参加し、チェロ四重奏団「クァルテット・エクスプローチェ」ほか室内楽でも活動。メタ・ワッツ、オーランド・コール、川元適益、上村昇、山崎伸子、アルト・ノラス、アントニオ・メネセスの各氏に師事。現在日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・チェロ奏者。使用楽器は、NPO法人イエロー・エンジェルより1724年製作のアントニオ・ストラディヴァリウスを貸与されている。

須関裕子(ピアノ) Hiroko Suseki, piano

桐朋女子高等学校音楽科2年在学中に、第2回チェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクールにて第1位、併せてステファンスカ賞、遠藤郁子賞受賞。翌年ポーランド各地でリサイタルを行う。第18回園田高弘賞ピアノコンクール第3位。第16回宝塚ベガ音楽コンクール第1位。第3回国際室内楽アカデミー(ドイツ)にてグランプリを受賞。桐朋学園大学音楽学部卒業、同研究科を首席修了。野平一郎氏プロデュース「ピアノ伴奏法講座」2008~2010年度受講生。ソリストとして、秋山和慶氏指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団、長田雅人氏指揮・ふじのくに交響楽団、新田孝氏指揮・ニッポンシンフォニー、鈴木秀美氏指揮・静岡交響楽団、東京フィルハーモニー室内合奏団と協奏曲を共演。NHK-FMやTOKAIケーブルネットワーク「静響アワー」等に出演。室内楽・アンサンブル奏者として国内外の音楽家からの信望も厚く、堤剛氏をはじめ、多くの演奏家のリサイタルやCD等で共演している。これまでに穐吉慶子、寺西昭子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、野平多美の各氏に師事。桐朋女子高等学校および桐朋学園大学非常勤講師(ナンバリズミック)。

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
11月18日(土)~11月24日(金)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
11月25日(土)~