望月哲也 シューベルト三大歌曲シリーズ
vol.3 <白鳥の歌>

テノールとギターで辿る<歌曲の王>シューベルトの最高傑作

2019年4月6日(土)

17:00開演(16:30開場)

全席指定5,000円(税込)

最高のリリックテナー・望月哲也がギタリストと織りなす「シューベルト三大歌曲」シリーズ、最終回は松尾俊介との共演で「白鳥の歌」(全曲)をお贈りします。東京国際ギターコンクールをはじめ数々のコンクールで入賞、パリ国立高等音楽院ギター科を首席で卒業し、実力派ギタリストとして確固たる地位を築き上げている松尾。日本の声楽界を牽引する“美声のテノール”望月が、松尾とともに挑むシューベルト最後の歌曲集は「白鳥は死ぬ前に最も美しい声で鳴く」という伝承に基づいたもの。ギター伴奏による「白鳥の歌」全曲演奏は、初の試みとあって、望月、松尾が何度も楽譜を前に語り合い、その才能と技巧を最大限に発揮して実現させる、一夜限りのステージ。シューベルトの歌曲の美しくもははかなく、静謐の世界。ご期待ください。

[出演]

望月哲也(テノール)
松尾俊介(ギター)

[プログラム]

シューベルト(松尾俊介編):歌曲集「白鳥の歌」 D.957 全曲

<ギター伴奏によるシューベルトの名曲>
シューベルト: 魔王
野ばら


(順不同)

[プロフィール]

望月哲也(テノール) Tetsuya Mochizuki, tenor

東京藝術大学卒業。同大学院オペラ科修了後、文化庁派遣芸術家在外研修員としてウィーン国立音楽大学研究課程リート・オラトリオ科にて研鑽を積む。第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位、第70回日本音楽コンクール第2位入賞。二期会/ハンブルグ州立歌劇場共同制作「皇帝ティトの慈悲」題名役で高い評価を得、以後も新国立劇場「魔笛」タミーノ、「タンホイザー」ヴァルター、「ヴォツェック」アンドレス、びわ湖ホール/神奈川県民ホール「ラ・ボエーム」ロドルフォ等大舞台で活躍。18年3月びわ湖ホール「ワルキューレ」にジークムントで出演。コンサートでは、バッハ「マタイ受難曲」のエヴァンゲリスト等、殊に宗教曲で定評があり、著名な指揮者W.サヴァリッシュ、V.アシュケナージ、G.ベルティーニ、C.ミョンフン、小澤征爾等と共演している。17年よりハクジュホールにてギターとのコラボによるシューベルト三大歌曲シリーズがスタートし、18年4月に「美しき水車小屋の娘」は朴葵姫氏と共演、第3回目は19年4月に松尾俊介氏と「白鳥の歌」を予定。CDは「Il mio tesoro」「Amarilli」「ひそやかな誘い~R.シュトラウス歌曲集」をリリース。また豊麗な美声で注目の男声ユニット“IL DEVU”(イル・デーヴ)のメンバーとしても活躍し、「DEBUT」「NUKUMORI」をリリース。19年1月大阪いずみホールにて「ポッペアの戴冠」ネローネ、20年オペラ夏の祭典「ニュルンベルクのマイスタージンガー」ダーヴィット役に出演予定。大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部声楽特任准教授。二期会会員。


(C)Kohei Take

松尾俊介(ギター) Shunsuke Matsuo, guitar

1979年京都市に生まれる。10代より東京国際ギターコンクールなど、数々のコンクールに受賞歴を持つ。2003年パリ国立高等音楽院ギター科を審査員満場一致の首席で卒業。04年には、同音楽院室内楽科を卒業、アントニー国際ギターコンクール(フランス)にて第3位入賞し、5年間のフランス留学を終えて日本に帰国する。庄内国際ギターフェスティバル第1位。05年、古楽と現代音楽に焦点を当てたファーストアルバム「ヴァリエ1」をリリースし、トッパンホールにてデビューリサイタルを開催。その後はHAKUJUギターフェスタ、ベオグラード国際ギターアートフェスティバル(セルビア)、サラエボの冬(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、ヨンジュ国際ギターフェスティバル(韓国)、ギター上海2014(中国)などの音楽祭に招かれるほか、NHK-FM名曲リサイタル、NHK-FMリサイタルノヴァ、東京オペラシティB→C、東京・春・音楽祭「東博でバッハ」シリーズ等に出演。これまでに東京交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団等のオーケストラと共演、ソリストとして、室内楽奏者として、邦楽との共演や新作の初演など、国内外で多彩な演奏活動を展開している。15~16年に開催されたリサイタルシリーズ「Horizon」では、武満徹没後20周年を記念したリサイタルがNHK-FM「現代の音楽」で放送されるなど大きな注目を集めた。一般財団法人地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。ギターを渡部延男、福田進一、アルベルト・ポンセ、キャレル・アルムス、オリヴィエ・シャッサンの各氏に、古楽をエリック・ベロック氏に、室内楽をラスロ・ハダディ、上田晴子の各氏に師事。CDは08年、この年没後60年を迎えたメキシコの作曲家マヌエル・ポンセ作品集「Varie4/Ponce Guitar Works」を現代ギター社より、13年には自身がすべての編曲を手がけたバッハのリュート作品を中心とした「ギターが奏でるバッハの世界」、15年「トリアエラ~ローラン・ディアンス作品集」をベルウッドレコードより、16年9月には最新アルバム「エキノクス~武満徹へのオマージュ」をマイスター・ミュージックよりリリース、いずれもレコード芸術誌特選盤に選ばれる。

後援:フランツ・シューベルト・ソサエティ

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
11月17日(土)~11月22日(木)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
11月24日(土)~

[これまでの公演]

vol.1 歌曲集「冬の旅」 D.911
共演:福田進一(ギター)
2017年2月18日(土)

vol.2 歌曲集「美しき水車小屋の娘」 D.795
共演:朴葵姫(ギター)
2018年4月7日(土)

「シューベルト三大歌曲シリーズ」ついに最終回を迎えます。
最後は「白鳥の歌」を取り上げます。この作品は「冬の旅」「美しき水車小屋の娘」のように一人の詩人の詩に曲をつけたものではなく、三人の詩人の詩に曲がつけられています。というわけでこの曲集は、連続性、物語性を持ったものではありません。シューベルトの死後に集められた作品です。
この「白鳥の歌」を全曲ギター伴奏で取り上げる、というのはおそらく世界でも初めての試みなのではないか、と思われます。非常に広い音域を使う曲があり、これをギターで演奏するのは不可能ではないか?と思っていたのですが、この度、松尾俊介さんのお力を借りて、ギターを持ち替えて演奏することで演奏可能、ということになりました。
皆さんに是非とも「歴史の目撃者」になって頂きたいです。
ご期待ください。

望月 哲也