第12回 ワンダフルoneアワー
原田英代 ピアノ・リサイタル

真の実力派ピアニスト
グリーグ、チャイコフスキー、ラフマニノフ 珠玉の小品集

2014年11月27日(木)

①15:00開演(14:30開場) ②19:30開演(19:00開場) ※休憩なし約1時間

各回全席指定3,000円(税込)

ヨーロッパで活躍する真の実力派ピアニスト、原田英代が初登場。ベルリンを拠点にしているため日本のファンに接する機会が限られている原田に間近に接することのできる、貴重な機会です。最近では、ラインガウ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン等のドイツの主要音楽祭から定期的に招かれ、朝日新聞紙上では「とてつもないピアニスト」と絶賛されるなど、その実力はお墨付き。原田が得意とするグリーグ、チャイコフスキー、ラフマニノフの珠玉の小品集から、原田自身のセンスが光る抜粋で、「叙景のうた」を奏でます。チャイコフスキーとラフマニノフを収録したCDは、イギリスのグラモフォン誌でプレトニョフに並び称されるほど。ノルウェーとロシアの悠久の風景が目に浮かぶ、柔らかく温かい演奏にご期待ください。

[出演]

原田英代(ピアノ) Hideyo Harada, piano

[プログラム]

グリーグ:「抒情小曲集」より
メロディー op.38-3 / 春に寄す op.43-6 / スケルツォ op.54-5 /
ノクターン op.54-4 / 小人の行進 op.54-3

チャイコフスキー:組曲「四季」-12の性格的描写 op.37bis より
1月 炉端にて / 2月 謝肉祭 / 4月 松雪草 / 6月 舟歌 /
8月 収穫 / 10月 秋の歌 / 11月 トロイカで

ラフマニノフ:前奏曲
二長調 op.23-4 / 嬰ト短調 op.32-12 / ト長調 op.32-5 / ト短調 op.23-5

[プロフィール]

原田英代(ピアノ) Hideyo Harada, piano

東京藝大、同大学院を経て、渡欧。モスクワ音楽院教授ヴィクトール・メルジャーノフ氏の愛弟子として研鑚を積む。1984年ジュネーヴ国際コンクール最高位、’91年シューベルト国際ピアノコンクール(独)第1位、そして、’93年モスクワにおける第1回ラフマニノフ国際ピアノコンクールで旧西側参加者の中で唯一入賞を果たす。
これまでにNHK響、読売日響、日本フィル、新日本フィル、スイス・ロマンド管、WDRケルン放響、南西ドイツフィル、ジョルジュ・エネスコ・フィル、チェコ・ナショナル響など、世界各地のオーケストラと共演し、マルチェロ・ヴィオッティ、クリスティアン・アルミンク、ウラディーミル・ヴァーレック、尾高忠明、小泉和裕、円光寺雅彦、本名徹二などの指揮者と共演。ラインガウ、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ベートーヴェン、ルートヴィクスブルク等ドイツの主要音楽祭より定期的に招聘を受けている。
また、ドイツを代表する俳優たちとの朗読付きコンサートを開催、ドイツ演劇界の最高峰と謳われる大女優コリンナ・ハールフォーフとの共演は「強力なデュオ」と讃えられている。
2003年より10回にわたるシューベルト・チクルスを開催。ピアノ独奏、室内楽、歌曲などの幅広いジャンルの作品を網羅したプログラムを展開し、ボロディン弦楽四重奏団、ローマン・トレーケル(バリトン)、ミハイル・シモニアン(ヴァイオリン)、イェンス=ペーター・.マインツ(チェロ)等と共演。’12年より連続演奏会第2弾となる、シリーズ『作曲家の絆』を開始。第1回目のボロディン弦楽四重奏団との公演は、朝日新聞において「とてつもないピアニスト」と絶賛される。
’12年7月、明治神宮にて行われた明治天皇百年祭にて奉納演奏を行う。
ドイツのアウディーテレーベルより、グリーグ、チャイコフスキー、ラフマニノフ、シューマン、シューベルトのCDをリリース。英“Gramophone”誌 推薦盤、ドイツ“FONO FORUM”誌 今月の星等世界の音楽誌や新聞で高い評価を得る。日本においても、読売新聞やレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。
1999年中国電力協賛第5回エネルギア音楽賞、2001年山口県芸術文化振興奨励賞受賞。
「これほどまでに自己の感動を聴衆に伝えることに専念できるピアニストは日本では稀有な存在」と評され、女流ピアニストとは思えないスケールの大きさと柔らかな繊細さを兼ね備えた真の実力派ピアニストとして賞賛されている。


(C)Uwe Arens

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

DM会員先行発売 5月10日(土)~
一般発売 5月17日(土)~

インタビュー

「曲が生まれた背景を知らずして本質を表現することはできない」
原田英代(ピアニスト)

ベルリンを拠点にヨーロッパで活躍する実力派ピアニスト、原田英代さんがチャイコフスキー、ラフマニノフの小品を中心に演奏するリサイタルが11月27日、ハクジュホールにて開催されます。クラシックの聖地、ヨーロッパで活躍し、ロシア・ピアニズムの薫陶を受けた原田さんに、ロシア音楽の真髄についてお話を伺いました。…

続きを読む