迫昭嘉の第九 vol.3 年の瀬は2台ピアノによる“第九”を!

2017年12月23日(土・祝)

15:00開演(14:30開場)

全席指定 5,000円(税込)

毎年恒例!年末の風物詩、ベートーヴェンの “第九” をピアノで!
フランツ・リストが4楽章・約70分のこの大曲を2台のピアノのために編曲したアレンジ版は、オーケストラにもひけをとらない重厚な響きに、ピアノならではの繊細さも加わった、まさに驚異的な作品。
好評を受け、今年も迫が推薦する若手ピアニストとの共演で、豊かな響きのHakuju Hallで聴く、2台のピアノによるシンフォニーをお届けします。
さらに前半は、迫とも多数の共演を重ねてきた、深く豊かな音楽性で魅了する名チェリスト・上村昇を迎えます。「チェロの新約聖書」とも呼ばれる、歌心にあふれた人気の名曲、ベートーヴェン「チェロ・ソナタ 第3番」を、二人の名手による演奏でお楽しみください。
ベートーヴェンの魅力を体感する、一味違うクリスマス・コンサート。
どうぞご期待ください!

[出演]

迫昭嘉(ピアノ)
共演:上村昇(チェロ)、有吉亮治(ピアノ)

[プログラム]

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 op.69
ベートーヴェン(リスト編):2台ピアノによる交響曲 第9番 ニ短調 op.125

[プロフィール]

迫昭嘉(ピアノ) Akiyoshi Sako, piano

1980年東京芸術大学大学院でクロイツァー賞を受賞。東京国際音楽コンクール室内楽部門第1位。東京芸術大学大学院修了後はドイツ政府給費留学生としてミュンヘン国立音楽大学マイスタークラスでクラウス・シルデ氏に師事。80年ジュネーヴ国際コンクール最高位、83年ハエン国際ピアノコンクール優勝並びにスペイン音楽賞を受賞。気品ある音色と透明度の高いリリシズムで注目を集め、日本国内はもとより、ヨーロッパ、カナダ、アジアで活躍を続けている。2001年~03年にかけて行った「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲チクルス」、および全曲録音は各方面から高い称賛を得た。オーケストラとの共演のほか、室内楽奏者としても高い評価と信頼を得ており、チェリスト上村昇氏とのデュオでは98年度ABC国際音楽賞を受賞。近年では指揮者としての活動も注目されている。現在、東京芸術大学教授・音楽学部長、東京音楽大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授として後進の指導にも当たっている。


(C)Akira Muto

上村昇(チェロ) Noboru Kamimura, violoncello

1975年京都市立芸術大学卒業。黒沼俊夫氏に師事。77年、第46回日本音楽コンクール第1位。79年、京都・東京でデビュー・リサイタルを開く。第6回カサド国際チェロ・コンクール優勝。83年、第1回京都府文化賞新人賞受賞。91年、ノイマン指揮チェコ・フィルと共演。98年、ABC国際音楽賞受賞。2001年、第19回京都府文化賞功労賞受賞。ソリストとして、また室内楽の分野においても国内外の著名なアーティストたちからの信頼も厚い。98年、京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念しアルティ弦楽四重奏団を結成し、定期的に公演を行っている。現在、京都市立芸術大学教授、桐朋学園大学客員教授として後進の指導にもあたっている。

有吉亮治(ピアノ) Ryoji Ariyoshi, piano

東京芸術大学にて迫昭嘉氏に師事。在学中、日本音楽コンクール第1位。東京文化会館小ホールにて日本ショパン協会主催例会リサイタルに出演。卒業後、文化庁在外派遣研修生及び公益財団法人ローム ミュージック ファンデーション奨学生としてジュネーヴ音楽院に留学。カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)第2位。留学中、在ヨルダン日本大使館に招聘され、ヨルダンでのリサイタルをはじめ、スイス・フランス・ドイツ・イタリアなど国内外でのリサイタルに出演。またジュネーヴ日瑞協会主催コンサートにて今井信子氏と共演。2011年帰国。東京芸術大学主催リストフェスティバル、ショパンの夕べ、ブラームス協会主催例会コンサートなどに出演。またヴィオラスペースにてアントワン・タメスティ氏と共演。現在、桐朋学園大学、東京芸術大学各非常勤講師。

企画制作:KAJIMOTO

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
4月22日(土)~5月12日(金)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
5月13日(土)~

メッセージ

「迫昭嘉の第九」in Hakuju Hallも好評のうちにおかげさまでvol.3を迎えます。
今回の第九のパートナーは有吉亮治さん、芸大在学中に日本音楽コンクールに優勝し、その後も多方面で活躍する熱いエネルギーを持ったピアニストです。そしてスペシャルゲストは、数十年来の共演で、素晴らしい音楽体験をさせていただいた、チェリストの上村昇さんです。朗々と語る上村さんのチェロでベートーヴェン円熟期の傑作、「チェロ・ソナタ 第3番」と、有吉さんとのフレッシュなサウンドで、オーケストラ版では味わえない新しい魅力満載の「第九」にどうぞご期待ください。

迫 昭嘉