長谷川陽子&向山佳絵子 プロデュース
チェロ・コレクション | Cello Collection ~バッハへのオマージュ~ Vol.1

バッハへの敬意と、異世代チェロ奏者の交流を軸とした、未来志向の新シリーズ

2014年11月11日(火)

19:00開演(18:30開場)

全席指定5,000円(税込)

バッハへの敬意と、異世代チェロ奏者の交流を軸とした、未来志向の新シリーズ<チェロ・コレクション~バッハへのオマージュ~>、略して「チェロ・コレ」。長谷川陽子向山佳絵子プロデュースによる大型企画がスタートします。
チェロの聖典バイブル「バッハ:無伴奏チェロ組曲」全6曲の中から、毎年1曲を、今期待の若手奏者が演奏。世界的にもレベルの高い日本の次世代チェロ奏者の実力をご堪能いただきます。
この聖典をモチーフとした委嘱作品の初演は、長谷川と向山の両プロデューサー。毎年異なる楽器編成で委嘱し、聖典から広がる無限の可能性を考えます。
さらに、本企画ではこれから羽ばたく10代のチェロ奏者、いわば「たまご」世代を起用して、皆様にご紹介します。異世代奏者によるアンサンブルで、日本チェロ界の層の厚さを実感していただくとともに、未来を創る過程を共有したいと願っています。

記念すべき第1回は、マルチな活躍で注目を集める加藤昌則に、<チェロ+ピアノ>という直球勝負の編成で委嘱。長谷川陽子の初演を、作曲家自らのピアノが盛り立てます。無伴奏チェロ組曲第1番は、既に活躍目覚しい期待の若手、横坂源。その他には、チェロ奏者が作曲したアンサンブル曲を、「たまご」世代の笹沼樹を交えてお届けします。チェロを知り尽くしているからこその名作の数々を、異世代チェロ奏者たちのハーモニーでお楽しみください。

[出演]

長谷川陽子(チェロ) Yoko Hasegawa, violoncello
向山佳絵子(チェロ) Kaeko Mukoyama, violoncello
横坂源(チェロ) Gen Yokosaka, violoncello
笹沼樹(チェロ) Tatsuki Sasanuma, violoncello
加藤昌則(作曲/ピアノ) Masanori Kato, composer/piano

[プログラム]

クレンゲル:即興曲 op.30 [長谷川、笹沼、横坂、向山]
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV.1007 [横坂]
加藤昌則:バッハ第1番をモチーフにした委嘱初演 [長谷川、加藤]
ピアッティ:セレナーデ ニ長調 [笹沼、長谷川、加藤]
トーマス=ミフネ:ローエングリンのロリ [向山、横坂、加藤]
ポッパー:レクイエム op.66  [笹沼、横坂、向山、加藤]
ビゼー/山本祐ノ介:カルメン・ファンタジー [向山、横坂、笹沼、長谷川]

[プロフィール]

長谷川陽子(チェロ) Yoko Hasegawa, violoncello

2012年にデビュー25周年を迎えた。高い技量と豊かな音楽性には定評があり、日本を代表するチェロ奏者の一人である。
故井上頼豊氏、アルト・ノラス氏に師事。’87年にリサイタル・デビュー。’88年小林研一郎指揮、日本フィルと協奏曲デビュー。その後シベリウス・アカデミーに留学し、首席で卒業。
これまでにN響やプラハ響など国内外の主要オーケストラのソリストとして迎えられているほか、リサイタルや室内楽、朗読との共演「金子みすゞ詩の世界」「セロ弾きのゴーシュ」等、企画コンサートへの出演も数多く、その活動は多岐にわたる。またTV・ラジオの出演も多く、最近ではNHK大河ドラマ「平清盛」紀行の音楽も担当。
録音はビクターエンタテインメントより20枚以上のCDをリリース。2012年にはベスト盤「チェリッシモ」(2枚組)とデビュー25周年記念の「シャコンヌ」を発売。
霧島国際音楽祭賞、ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール特別賞、第9回齋藤秀雄メモリアル基金賞等、受賞多数。後進の指導にもあたり、現在、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師も務めている。


(C)武藤章

向山佳絵子(チェロ) Kaeko Mukoyama, violoncello

東京生まれ。東京藝術大学を経てドイツ・リューベック国立音楽大学に留学。松波恵子、堀江泰氏、レーヌ・フラショー、毛利伯郎、ダヴィド・ゲリンガスの各氏に師事。第54回日本音楽コンクール第1位。第10回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第1位。第3回アリオン賞審査委員奨励賞、第2回出光音楽賞受賞。世界の一流演奏家や、N響、東京都響、読売日響他多くのオーケストラとも共演しているほか、リサイタル、室内楽、公演プランナーと多彩に活躍している。またNHK-FMには度々出演し、演奏はもちろんパーソナリティも務めた。最近では、企画の公演がBSクラシック倶楽部等テレビでも放送されている。録音は5枚のソロアルバムのほか、池辺晋一郎と三善晃のチェロ協奏曲や、12人のチェロ・アンサンブルのCDもそれぞれ発売されている。現在、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導を務める傍ら、NHK交響楽団首席奏者も務めるなど、日本を代表する実力派チェリストとして活躍している。


(C)大窪道治

横坂源(チェロ) Gen Yokosaka, violoncello

2002年7月、全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝(15歳)、’05年、第15回「出光音楽賞」、’08年、第7回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。’09年5月、全ドイツ学生音楽コンクールで第1位(室内楽)、’10年9月、第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞。’12年度、第14回ホテルオークラ音楽賞受賞。
1999年10月、13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演後、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、バイエルン放送交響楽団などを含む主要なオーケストラや、小澤征爾、岩城宏之他、超一流の指揮者と協奏曲を共演し、好評を博す。伊藤恵(ピアノ)や佐藤俊介(ヴァイオリン)らと室内楽にも出演。テレビ、ラジオにも頻繁に出演。
桐朋学園女子高等学校(男女共学)を卒業後、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。サントリーホールディングス株式会社所有の1710年 Pietro Giacomo Rogeri 制作のチェロを貸与されている。

笹沼樹(チェロ) Tatsuki Sasanuma, violoncello

1994年 東京都出身。7歳でチェロと出会い、9歳で本格的に始める。
2011年 第65回全日本学生音楽コンクール・チェロ部門高校の部第1位及び日本放送協会賞受賞。’12年 第10回ビバホール・チェロコンクール入賞及び聴衆賞受賞。’13年 ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2013第1位。
’11年 クールシュベール夏季国際音楽アカデミー参加、クリストフ・ヘンケル氏の指導を受ける。受講生コンサートに出演。’10年、’12年、’13年 霧島国際音楽祭参加、受講生コンサートに出演。
’10年 「桐朋学園音楽部門芸術教育整備拡充資金及び奨学金規定による奨学金」を受け、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)入学。高校卒業演奏会に出演。
’13年、’14年 「チェロアンサンブル・サイトウ」奨学金を受ける。現在桐朋学園大学ソリストディプロマ・コース、同時に学習院大学文学部独文科、第2学年在学中。
これまでに室内楽を、堤剛、徳永二男、藤原浜雄、三上桂子、佐々木亮、原田幸一郎、毛利伯郎、銅銀久弥の各氏に師事。桐朋学園室内楽演奏会、プロジェクトQ第11章に出演。チェロを、ヴァーツラフ・アダミーラ、古川展生の各氏に、現在堤剛氏に師事。

加藤昌則(作曲/ピアノ) Masanori Kato, composer/piano

東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。
2005年「スロヴァキアン・ラプソディ~サクソフォンとオーケストラのための~」はスロヴァキア・フィル東京サントリーホール公演で初演、’09年ブラチスラヴァで再演、世界的サックス奏者須川展也のCDにも収録(金聖響指揮、東京交響楽団)。’06年オペラ「ヤマタノオロチ」、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品「刻の里標石(ときのマイルストーン)」、’12年≪福島復興・復活オペラプロジェクト≫作品「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、’13年初演の管弦楽曲「Legends in the Sky」、’14年連作歌曲「二本の木」はじめ、作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。村治佳織、山形由美、宮本益光、奥村愛など多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、切り口で企画する公演や講座などのプロデュース力にも注目を集めている。
NHK-FM等での作品の放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持ち、楽譜も多く出版されている。次代を担う作曲家として注目を集めている。

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

DM会員先行発売 5月10日(土)~
一般発売 5月17日(土)~

インタビュー

「たまご世代が立派な鳥に成長する姿を見届けてほしい」
長谷川陽子(チェリスト)

今秋からハクジュホールでスタートする、未来志向の新シリーズ「チェロ・コレクション」。11月11日に開催される記念すべき第一回目に際し、本企画のプロデューサーでもある、日本を代表するチェロ奏者、長谷川陽子さんにお話を伺いました。…

続きを読む