第13回 二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ

二期会新星トップ6名による、ときめきのデビューコンサート!

2017年9月21日(木)

11:00開演(10:30開場) ※休憩なし約1時間

全席自由500円(税込)

最年少で二期会オペラ研修所に入所したソプラノ、斉藤真歩はオペラ歌手に求められる歌唱力、演技力、表現力をひたむきに学び、愛ゆえに死ぬジルダの強さ、オッフェンバック「天国と地獄」のコケティッシュなユーリディス、「ファウスト」の清純なマルガリーテ等を演じ分けるまでに成長しました。抜群の安定感と、輝きのある音色が魅力のテノール市川浩平(第60期最優秀賞)とともに、旋律の美しいオペラの名曲に挑戦します。

[出演]

斉藤真歩(ソプラノ)
市川浩平(テノール)
石野真穂(ピアノ)

[プログラム]

マスネ:歌劇「ウェルテル」より “春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか”
マスカーニ:歌劇「友人フリッツ」より “真っ赤に熟れて” (さくらんぼの二重唱)
グノー:歌劇「ファウスト」より “宝石の歌”

※全ての曲目は、決定次第、Hakuju Hallホームページなどで発表いたします。

[プロフィール]

斉藤真歩(ソプラノ) Maho Saito, soprano

神奈川県出身。国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽専修卒業、同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻修了。大学院に首席で入学し、奨学生に選ばれる。学内選抜による、国立音楽大学卒業演奏会、同大学院新人演奏会に出演。多摩フレッシュ音楽コンサート2015優秀賞受賞、2016年立川市地域文化振興財団主催入賞者ソロリサイタルに出演。二期会オペラ研修所第60期マスタークラス修了。修了時に奨励賞及び優秀賞。これまでに声楽を、富樫樹、森郁恵、長島剛子の各氏に師事。現在、新国立劇場オペラ研修所第20期に在籍。

市川浩平(テノール) Kohei Ichikawa, tenor

静岡県出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。藤井京子、多田羅迪夫、吉田浩之、N.Zanini、E.Fogliatiの各氏に師事。学部卒業時に松田トシ賞を受賞。またアカンサス音楽賞、同声会新人賞、読売新人賞を受賞。コンクールでも第39回イタリア声楽コンコルソ入選、第15回コンセール・マロニエ21入選、第25回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位、第51回日伊声楽コンコルソ第3位、第20回静岡の名手たちコンチェルト賞等高く評価されている。2012年から1年間イタリアに留学。これまで「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド、「魔笛」タミーノ、「フィガロの結婚」バジリオ、クルツィオ、「こうもり」アルフレート、「カンピエッロ」ゾルゼート、「椿姫」アルフレード、ガストン、「カルメン」ホセ、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「道化師」ペッペ等を演じる。コンサートでは、ヘンデル「メサイア」、ベートーヴェン「第九」、モーツァルト「レクイエム」、シューマン「楽園とペリ」、ハイドン「四季」、プッチーニ「グローリアミサ」等に出演。第60期マスタークラス修了時、最優秀賞及び川崎靜子賞。

石野真穂(ピアノ) Maho Ishino, piano

桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学アンサンブル・ディプロマ修了。その後、笹川日仏財団の研修生として、パリ市立シャトレ劇場に於いてサビーヌ・ヴァタンのもと、コレペティトゥーアの研鑽を積む。(在仏中、劇場主催コンサート「les midi musicaux」を始め、数々の演奏会に出演。)帰国後はコレペティトゥーアとして活動し、二期会、新国立劇場、びわ湖ホール、日生劇場などのオペラ公演に関わる。また声楽を中心とする共演ピアニストとして、多くの演奏家から信頼を得ている。近年では静岡国際オペラコンクールで公式伴奏者を務める他、東京NHK児童合唱団の録音に携わるなど、多方面において活躍している。二期会オペラ研修所ピアニスト。新国立劇場オペラ研修所ピアニスト。


(C)篠原栄治

協力:二期会オペラ研修所  後援:公益財団法人東京二期会公益財団法人東京二期会
協賛:株式会社ドラジェ株式会社ドラジェ

オンライン予約

Hakuju Hallチケットセンター 電話:03-5478-8700

10:00~18:00
火~土(祝日・休館日を除く)

【DM会員先行発売】
4月22日(土)~5月12日(金)
※日・月・祝日 休み
【一般発売】
5月13日(土)~

メッセージ

「スター候補生」をここにご紹介させて頂きます。

「二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ」に出演する6名は、二期会オペラ研修所の最終学年であるマスタークラスを優秀な成績で修了した若き逸材です。今後大きく羽ばたくであろう彼ら彼女たちの、情熱溢れる、初々しい、そして、清々しい歌声を、このすばらしい音響と心地よい空間のHakuju Hallに於いて、ご来場の皆様方にご披露できること、私たち指導陣にとって大変大きな喜びでございます。また本年度はソプラノ2名、メゾ・ソプラノ2名、テノール及びバリトン各1名というバランスの良い顔ぶれが揃い、今まで以上に多様なプログラムでお楽しみ頂けるのではないかと思っております。彼らは、歌うことの喜び、楽しさ、嬉しさ(時にはほろ苦さ)といったものを生涯持ち続けて歩んで行くことでしょう。
このコンサートに出演した直後から、オーディションを経て、「公益財団法人東京二期会」主催のオペラ公演(「フィガロの結婚」や「こうもり」等)の主役を射止める人材も近年、かなり多く出ております。そしてこの6名もやがてはその仲間入りする、そういった予感のする演奏になることを私どもは確信しております。
今後ともこの6名をはじめ、若き声楽家達の成長を、温かく見守ってくださるようお願い申し上げます。
そしてこのような機会を設けてくださいました株式会社白寿生科学研究所様のご支援に心より感謝致しております。

二期会オペラ研修所第60期マスタークラス主任
(公益財団法人東京二期会理事・二期会副幹事長)

大野 徹也